車売却から乗り換えまでの手続き

車を売る際の流れとしては、まず必要書類の準備から始める必要があります。
車売りたいと思ったら、まずは必要書類が手元にあるか確認してみてください。

必要書類としては自動車検査証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、譲渡証明書が必要になります。
また、実印や代金の振り込み先口座番号、預託済みの場合ですとリサイクル券も用意しておく必要があります。
因みに書類によっては紛失してしまっている事もあるものですが、基本的には再発行してもらう事ができますので、もし見当たらない時には再度発行してもらう為の手続きを行うと良いでしょう。

それらを用意する事で車を売る準備ができ、そして業者の元で譲渡証明書と委任状を作成する事になります。
一見すると難しそうに思われる事もありますが、基本的には業者がアドバイスしてくれますので、よく分からないという方も簡単に手続きを進める事ができます。

また、殆どの業者は手間の掛かる名義変更の手続きを代行で行ってくれますので、苦労するような作業は少ないと言えます。
乗り換える際には冒頭でも明記した書類以外にも、車庫証明書や住民票が必要になります。
これらの書類をきちんと用意しておけば、後は契約書を記入し乗り換えを完了させる事ができます。
必要書類を用意する為に多少手間が掛かってしまいますが、それ以外は特に難しい事はありませんので、初めてでも簡単に乗り換えを行えます。
全体の流れを把握しておけば楽々乗り換えを行う事ができますので、売却や購入を検討してる際には覚えておくと良いでしょう。